読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寺社を行く。

国内の寺院や神社を訪れ、見所などを紹介します

奈良・興福寺③

①、②に引き続いて興福寺の紹介をさせていただきます。

前回で予告していた通り、国宝に指定されている「阿修羅像」についてです。

 

仏像の紹介本や資料なんかでもクローズアップされることが多いものなので、知っている人も多いのではないでしょうか。

 

阿修羅像の紹介の前に、

八部衆」について書いていきます。

阿修羅はこの八部衆のひとつで、「法華経」に記述が出てきます。

「天」、「龍」、「夜叉」、「乾闥婆」、「阿修羅」、「迦楼羅」、「緊那羅」、「摩睺羅伽」の八つがあげられます。

興福寺では、「五部浄」、「沙羯羅」、「鳩槃荼」、「乾闥婆」、「阿修羅」、 「迦楼羅」、「緊那羅」、「畢婆迦羅」です。

奈良時代の作で、乾漆造です。背丈は大体150センチ程度。もともとは西金堂に安置されていたことがわかっています。

 

仏教ではよくあることですが、古代インドで信仰されてきた八つの神を八部衆として、仏教を仏敵から守るための役割が与えられています。

阿弥陀如来や釈迦如来と違って異形で表される仏像のため、異形の仏像愛好家からも人気があります。

 

いよいよ、阿修羅像ですが、

 

名前の由来は、古代インド語である梵語のアスラ(Asura)からきています。

「生命(asu)を与える(ra)者」、もしくは、「非(a)天(sura)」とも解釈されています。ペルシャでは大地に恵みを与える太陽神として信仰されてきましたが、インドでは大地を干上がらせる太陽神として、常に仏教では帝釈天であるインドラと戦う悪の戦闘の神となります。仏教のもとでは、釈迦を守る神と説かれるようになります。
 像の作風は、三つの顔がある三面、六本の腕がある六臂。上半身は裸身で条帛と天衣を身につけ、胸や腕に飾りをつけ、裳をまとい、板金剛を履いています。

 

少年のような優しい顔立ちにはひきつけられるものがあります。眉を寄せ、怒りや悲しみをあらわすような表情も特徴的です。

今はもう故人となった女優の夏目雅子さんに似ているともいわれますね。

 

興福寺の作例とは異なる作例もあります。

ひとつは、鎧を身にまとい、右手に宝剣または宝棒を持ち、両脇侍を従える三尊像です。

ひとつは、上半身が裸身で、両脇侍の頭部を左右に配置して三面。手は四腎です。

そしてひとつは、興福寺のものです。

 

次回は、興福寺のその他の見所について伝えられたらと思います。

奈良・興福寺②

前回の記事に引き続き、

奈良市興福寺です。

 

興福寺には近鉄奈良駅からなら十分徒歩でいけます。所要時間は約10分ほどでしょうか。

 

最近は外国人、特に中国や韓国からの観光客が増えましたね。鹿が珍しいのか、写真を撮ったり、鹿せんべいをあげたりしている姿が目に留まります。

 

さて、前回の続きですが、興福寺の見所紹介です。

 

今回紹介したいのは、国宝館です。

ご存知のかたもいらっしゃると思いますが、国宝館に収蔵された仏像の中でも阿修羅像が非常に有名ですね。東京などでも特別展が開かれるほどの美しさです。かなりの来場者だったそうです。

 

国宝館は、阿修羅像が普段、展示されている建物なのですが、ほかにもここにはたくさんの仏像が安置されており、圧巻です。

 

もともと、国宝館は、興福寺の僧侶が集まって食事をする食堂が立っていた場所に立てられています。耐火性能が高い収蔵庫で、仏教的にも美術史的にも価値の高い興福寺の宝物を火災から守ってくれます。

 

阿修羅像のほかでは、

旧食堂の本尊だった「千手観音菩薩像」や、絵画、仏像、工芸品、典籍、文書など多数が収められています。

仏像では、乾漆八部衆像や乾漆十大弟子像がつくりこまれたもので、

華原馨、平安時代の銅造燈籠や火袋扉、板彫十二神将像、鎌倉時代の木造金剛力士像、灯篭をかついだ木造天燈鬼・龍燈鬼像、「山田寺」から運ばれた7世紀の銅造仏頭などの国宝や、

重要文化財である木造阿弥陀如来像や木造薬師如来像、梵天像、帝釈天像なども安置されており、見所満載です。

この国宝館だけを見学に来ることもしばしばでした。

 

次回は、阿修羅像について紹介できたらと思います。

奈良・興福寺①

奈良市興福寺を訪れたときのことを書き記そうと思います。

どのお寺から紹介しようか迷いましたが、印象に残っていることから取り上げることを決めました。

 

私自身、何度も訪れたことがあるお寺で、日本史でも習う有名なお寺ですね。

奈良を代表する観光名所のひとつになっています。

 

 

まず歴史から紹介したいと思います。

興福寺法相宗大本山ですね。法相宗も教科書に出てきた記憶があります。南都六宗のひとつでしたっけ。

 

起源は、天地天皇の時代の「山階寺」。のち飛鳥に移った「厩坂寺」が前身とされています。

 

創建の経緯ですが、

天智天皇の時代の669年に藤原(中臣)鎌足が重病を患ったとき、妻の鏡女王が鎌足の病気平癒を祈って、鎌足がつくった釈迦三尊像や四天王像を安置するために造営したものと伝えられているそうです。その場所が山階陶原で、その名が使われました。

その後に起きた672年の壬申の乱後、飛鳥に都が移された際に、山階寺が移建され、その地名から厩坂寺となりました。

そして、平城京に都が遷都されるとき、藤原不比等の案によって厩坂寺が移され、名前も「興福寺」と改められました。

天皇藤原氏など重要な人物によって整備が進められ、奈良時代には「四大寺」、平安時代には「七大寺」の一つとされるなど、寺の勢力はかなりものでした。


春日大社とのかかわりも深く、大和国を領地とし、鎌倉時代室町時代には幕府は大和国に守護は設置されず、興福寺が担いました。徳川政権下の江戸時代においても石高が定められるなど衰えることはなかったそうです。

 

明治時代に出された神仏分離令廃仏毀釈などで、残念ながら興福寺は荒れてしまいました。しかし、その後は地域の人々や協力者などの力で復興がなされ、いまの興福寺にいたっています。

 

見所は建造物でいえば、

国宝にも指定されている五重塔や東金堂、北円堂が美しいですね。

五重塔は高さ約50メートルで、730年に不比等の娘である光明皇后が建立しました。なんと5回もの焼失に見舞われましたが、室町時代に再建されました。

創建時と同じ場所に立っており、往時をしのぶことができます。創建当初は約45メートルで日本で2番目に高い塔だったそうです。現在でも薬師、釈迦、阿弥陀、弥勒それぞれの三尊像が安置されています。

まっすぐと天に伸びる姿はりりしく、木質を感じ取れる建造物です。若草山の山焼きのとき、花火が上がるのですが、花火の手前にこの五重塔のシルエットがきれいに浮かび上がります。

 

また、東金堂も有名ですが、

726年、時代は聖武天皇のころ、聖武天皇が叔母の病気治癒を願って造立されたと伝わります。いま拝観できるのは、1415年に再建されたものです。本尊は薬師如来像で、両脇に日光・月光菩薩像。四天王像などが並んでいました。

 

北円堂は、独特な形状で、印象に残る人も多いかと思います。私もこんな建造物はほかでは見たことがなかったです。

八角円堂なのですが、現存する同様の建造物のなかでも最も美しいと人気が高いです。不比等の一周忌にあわせ、元明元正天皇が、日本史にも登場する長屋王に命じて建てさせたとのことです。
伽藍の中では西の隅っこに立っているのですが、高台になっていて、奈良の都を眺望できる場所です。

 

次回も興福寺の魅力、仏像の美しさを紹介しようと思います。